gitbucket-windows-backup-pluginの0.4をリリースしたお話

はじめに

悪いプログラミング言語なんてものはない、あるのは悪いプログラマだけだってね。連日のデスマーチの責任を取るってことでPM達が一斉に辞職したよ。

という訳でgitbucket-windows-backup-pluginの0.4をリリースしました。

github.com

新機能

バックアップの成功時もしくは失敗時にメール通知を行うようにしました。

バックアップの成功時もしくは失敗時にメール通知を行うには、GitBucketのSMTP設定を設定したうえで以下のような設定をbackup.confに追加します。

winbackup {
  # バックアップ成功時に通知メールを送信します(オプション デフォルトはfalse)
  notify-on-success = true

  # バックアップ失敗時に通知メールを送信します(オプション デフォルトはfalse)
  notify-on-failure = true

  # 通知先を指定します
  notify-dest = ["jyuch@localhost"]
}

弊社の環境ではGmailでテストを行っております。その他の環境で動かない場合はいい感じに頑張ってもらうか弊社まで連絡下さい。

backup.conの完全な説明はREADMEをご覧ください。

おわりに

バージョニングについてですが、別に不安定だからバージョン1にならない訳ではなく内部の実装がいまだに定まらないので*1とりあえず0.xでバージョニングしようってだけです。また、変えるのは内部実装だけで外部とのコントラクトの部分(設定ファイルの書式やAPIのパス等)はよほどのことがない限りか変えるつもりはありません。

弊社の環境では旧来のバックアップシステムを停止してこのプラグインでバックアップを一本化していますし、リストアテストもいい感じにうまくいってるっぽいのでとりあえずは大丈夫かなといった感じです。一緒に人柱になりましょう。

おわり

*1:0.5系でまたごそっと内部実装を変えることを計画しています